脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

 

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

 

 

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔、背中や脇などに
発症し辛い痒みと炎症を引き起こします。

 

 

そんな脂漏性皮膚炎は皮膚科を受診すると
ステロイド剤とワセリンを処方されることが多いです。

 

 

このワセリンは脂漏性皮膚炎に効果があるのでしょうか。

 

 

脂漏性皮膚炎とワセリンについて解説させて頂きます。

 

 

脂漏性皮膚炎にワセリンに効くは嘘?調べてみました!

 

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

 

 

脂漏性皮膚炎の原因はお肌の常在菌である
マラセチア菌が異常繁殖する事によって引き起こされます。

 

 

マラセチア菌が異常繁殖をした結果、
マラセチア菌が頭皮の皮脂をエサとして分解する事で
遊離脂肪酸を大量に発生させ頭皮に炎症を起こしてしまうのです。

 

 

また皮脂は頭皮の乾燥が進む事で保湿を行おうと
より大量の皮脂を分泌してしまいます。

 

 

大量の皮脂が分泌されることでさらに
マラセチア菌の活動が活発になってしまうのです。

 

 

そのころになると脂漏性皮膚炎の痒みに耐え切れず
多くの方が皮膚科を受診されます。

 

 

そこで多く処方されるのがステロイド剤とワセリンなんです。

 

 

しかしこのステロイド剤とワセリンを使っても
脂漏性皮膚炎の症状が良くなったり再発したりを繰り返してしまいます。

 

 

その原因はワセリンを使う事により
インナードライになってしまっている事があるのです。

 

 

マラセチア菌の影響で炎症を起こしたお肌や頭皮は
ステロイド剤で改善します。

 

 

しかし脂漏性皮膚炎の炎症箇所には
まだまだマラセチア菌が異常繁殖しています。

 

 

そこで皮脂の分泌を抑えるためにワセリンを使っても
ワセリンはお肌に膜を作って水分の蒸発を防ぐだけなので
ワセリンを塗ったお肌は乾燥したままとなっているのです。

 

 

お肌が乾燥状態になっていると皮脂がたくさん分泌されます。

 

 

するとまたマラセチア菌の活動が活発化し
ステロイド剤で治った炎症が再び発症してしまうのです。

 

 

そのためワセリンを塗っても中々脂漏性皮膚炎が
改善しないといった場合が出てきてしまうのです。

 

 

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌の活動によって
頭皮の炎症が引き起こされます。

 

 

そんな脂漏性皮膚炎の治療には抗菌薬を使うと
より効果が実感しやすくなっています。

 

 

しかし受診する皮膚科のお医者さんの考え方によっては
お肌に良い常在菌も殺菌してしまうので抗菌薬を
処方されない病院もあるのです。

 

 

ワセリンを使って効果が実感できない場合
ステロイド剤だけでなく頭皮やお肌の保湿も
しっかりと行わなければならないのです。

 

 

お肌や頭皮の保湿をしっかりと行う事で
過剰な皮脂の分泌が抑えられマラセチア菌が
活動しにくいお肌の状態になるのです。

 

 

 

また併せてヒルドイドソフト軟膏が処方される場合もあります。

 

 

このヒルドイドは保湿効果が高いのですが
血行促進効果も確認されています。

 

 

この血行促進効果がより炎症や赤みを悪化させてしまう場合があるので
お肌の状態を見ながらヒルドイドを使うようにしてくださいね。

 

 

 

脂漏性皮膚炎は石鹸にもしっかり注意しよう!

 

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

 

 

脂漏性皮膚炎の症状を改善するためにワセリンを使用した場合
インナードライの状態となってしまう事があると
解説させて頂きました。

 

 

しかしもう一つ注意して頂きたいのが
お風呂や洗面で使用する場合の石けんです。

 

 

石けんには石油系界面活性剤が配合されているので
皮脂を落とし過ぎてしまい、皮脂の分泌が促進される事があるのです。

 

 

またシャンプーやボディソープ、洗顔料には石油系界面活性剤だけでなく
油系の保湿成分が配合されている商品が非常に多くみられます。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌
すでにご紹介させて頂いた通り皮脂や油を分解して
刺激性の強い遊離脂肪酸を発生させます。

 

 

そのためご家庭で使用しているシャンプーや洗顔料の影響で
中々脂漏性皮膚炎が改善しない事が多いのです。

 

 

特にシャンプーは石油系界面活性剤や油系保湿成分の宝庫です。

 

 

そのためできるだけ脂漏性皮膚炎に悪影響となる
シャンプーの使用は控えた方がよいでしょう。

 

 

【脂漏性皮膚炎専用に開発されたシャンプーはこちら!】

 

 

 

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?のまとめ!

 

脂漏性皮膚炎にワセリンが効くは嘘?調べてみました!

 

 

脂漏性皮膚炎の治療ではステロイド剤とワセリンが
処方される場合が多いとご紹介させて頂きました。

 

 

ただ、脂漏性皮膚炎の治療にワセリンを使用する場合
インナードライの状態にならないように乾燥を
防ぐことが重要だとご紹介させて頂きました。

 

 

特に治療のはじめは脂漏性皮膚炎の影響で患部が熱を持ち、
水分が蒸発しやすい状態になっているのでワセリンを使用する前に
しっかりと保湿してあげる事がとても重要となっています。

 

 

乾燥が進み、皮脂が分泌され、マラセチア菌の活動が活発になるという
負のサイクルを断ち切るためにもワセリンの使用は
お肌の状態を見ながら使うようにしてくださいね。

 

 

受診する病院によっては抗菌薬が処方されない場合もあるので
抗菌成分が配合されたシャンプーなどを使うのもおすすめとなっていますよ。

 

 

その際は油系の保湿成分が配合されていない事を
しっかりと確認して使用するようにしてくださいね。

 

 

【脂漏性皮膚炎専用に開発されたシャンプーはこちら!】